確実効果で使って満足【サプリメントの効き目に驚く】

シニア

特徴や豆知識

海藻

コンブやワカメなどの海藻類の表面を覆っているヌメリに含まれている成分がフコイダンであります。このフコイダンが注目されているのは、抗がん作用を持っているのではないかと言われているからです。ある研究の結果、このフコイダンには活発に増殖作用をもっているがん細胞に直接働きかけて、がん細胞だけを自滅させる特徴があるのではないかと考えられるようになりました。そのため現在では、がんの代替療法としても注目されるといった特徴をもつようになりました。ドクターによっては、抗がん剤と併用してフコイダンを用いる人も出てきているようです。しかしがんに対しての作用は未確定である部分も多いのが現状です。がんの治療として用いる場合は、主治医とよく相談してから使う必要があるでしょう。

現在では、抗がん作用があるのではないかと注目されているフコイダンです。ここでは豆知識としてその歴史について述べてみます。フコイダンの研究は古くから行われていて、20世紀の初めにスウェーデンの大学教授が、フコイダンを発見したことから始まっています。その後、海外では海藻からフコイダンを抽出する技術が発展してきました。一方でがんに効果があるのではないかと注目されたのは、1996年に日本のある企業が日本癌学会で、フコイダンのアポトーシス効果と抗がん作用について発表したことに由来しています。この発表において一躍注目を集めるようになりました。そして現在では、がん治療の代替療法の一つとして注目されるようになりました。またこれ以外にもフコイダンには様々な効果があることが、学会などで発表されています。